swSafe

swSafeは、OSのバックアップとリストアを簡単な操作で行うことが出来るUSBデバイスです。

  • バックアップ・リストア対象システムのUSBポートにswSafeを接続しシステムを起動します。swSafeはOSドライブを自動検出し、バックアップ・リストア対象ドライブとして設定します。
  • BIOSブートとUEFIブートに対応しています。
  • バックアップは、OSドライブ全体を圧縮し、1つのファイルとしてswSafe内部ストレージに保存します。リストアはバックアップイメージを解凍しながら対象ドライブに書き込みます。
  • バックアップイメージはswSafe内部ストレージ容量の範囲内で、複数取ることが出来ます。リストアはバックアップイメージ一覧から1つを選択して実行します。
  • 保存するバックアップイメージサイズや数、使用環境に合わせてストレージ容量/記憶媒体をラインナップから選択いただけます。
  • 圧縮後容量の参考値(OSインストール直後)
    • Windows Server 2012R2 --- 約7GB
    • CentOS 7 --- 約3GB
  • システムご購入時にOSと合わせてご購入いただいた場合、システム出荷時にプリインストールされたOSの状態を保存して出荷します。OSを出荷時の状態に戻すリカバリーメディアとしても、ご利用いただけます。
  • 詳細画像1
  • 詳細画像2
  • 詳細画像3
  • 詳細画像4
  • 詳細画像5
  • 詳細画像6
製品リスト