ホーム低消費電力サーバPOWER MASTER Server S4454

POWER MASTER Server S4454
4コアの低消費電力SoC、Celeron J1900搭載1/2Uラックマウントサーバ。高信頼RAID1コントローラ搭載。
標準構成価格 ¥154,990(税込)
関連製品を含める
S008 ラックマウント キット

S4454 2台+S008ラックマウントキット使用時

  • 詳細画像1
  • 詳細画像2
標準構成
CPU Intel Celeron J1900 (4 Core/2GHz/TB:2.41GHz/Intel 64/VT-x/TDP 10W)
メインボード Supermicro X10SBA-L
メモリ 8GB DDR3-1333 SO-DIMM 1.35V (4GB x 2)
最大 8GB / Dual channel / 2 x DIMMソケット
グラフィックス Intel HDグラフィックス
コントローラ
  • SW RC-C600SA (SATA 6Gbps, RAID1対応)
  • 2 x SATA 3.0Gb/s (オンボード)
ストレージ 2 x 4TB SATA HDD (WD DC HC310/HUS726T4TALE6L4)
  • SATA6.0Gb/s, 7200rpm, 256MB Cache
標準で2台のHDDをホットスワップ対応トレイに搭載しRAIDコントローラに接続しています。OS用、キャッシュ用等に、1台の2.5インチHDD/SSDの追加搭載が可能です。
起動用(OS用)ドライブに適したSATA SSD DOMの搭載が可能です。SATA SSD DOMはメインボード上のSATAポートに直接挿入し、一般的なSSD/HDDと同様にご利用いただけます。
光学ドライブ 光学ドライブは搭載していません。USB接続の外付けドライブの追加が可能です。
サウンド なし
ネットワーク 2 x 1Gb Ethernet (Intel i210AT, オンボード)
拡張スロット なし
I/Oポート
  • VGA
  • HDMI
  • DisplayPort
  • 1 x USB3.0
  • 2 x USB2.0 (1 x 前面)
ケース S008-SATA V3 1/2Uブレードケース
  • 216mm(W) x 1U(H) x 694mm(D, ハンドル含む)
  • 2台のホットスワップ対応リムーバブルトレイ装備する1/2Uブレードケース。1Uスペースに最大2台搭載可能です。
電源 150Wサーバ用電源
  • 低速ファンを採用する静音設計
  • 効率約80%の高効率電源
  • 力率0.99PF
  • Active PFC
キーボード なし(オプション)
マウス なし(オプション)
OS なし(オプション)
対応OS
  • Linux
  • FreeBSD
  • Microsoft Windows
関連製品
S008 ラックマウント キット
S008 ラックマウント キットS008ブレードサーバ2台を19"ラックキャビネットにマウントするためのキットです。
※取り付け可能なラックフレームの条件-前後フレーム間隔 730~770mm, フレーム開口 451mm 以上
完全独立型1/2Uサーバ

ミッドプレーンなどの共用パーツを使用しない、電源も含めた完全独立型構造です。

  • 他方のブレード(ノード)の状態に関わらず、電源のオン/オフ、ブレードの抜差しが可能です。
  • 他のS008シリーズケース採用システムとの混在が可能です。
完全独立型1/2Uサーバ
1/2U システム一覧
高信頼SATA 6.0Gbps対応 RAID

信頼性を追及して開発され、高い安定性、低故障率を実現するハードウェアRAID1コントローラです。

B300SA RAID1コントローラ
詳細
  • 2台のSATA HDD、またはSATA SSDを接続可能
  • Windowsはもちろん、Linux, FreeBSDなどでもOS標準のドライバで動作するため、別途ドライバをインストールすることなく使用できます。
  • 「リバイバルリコン」機能により、高レベルの安定動作を実現します。
    「リバイバルリコン」は、通常のリトライモードで復旧出来ないエラーの発生したドライブに対して、ドライブの電源をリセットすることにより、高い確率でエラーを復旧する機能です。
    • リバイバルリコン機能はDIPスイッチで有効/無効を設定可能です。
  • 拡張スロットを使用しません。
  • ドライブの抜き差しのみで自動的にRAIDアレイを構築することができます。一般的なRAIDで必要になるBIOS設定の必要もありません。
  • ホットスワップ・オートリビルド対応
  • 高輝度なエラーLEDを搭載。データセンターやサーバルームなどの環境でも、HDDの障害を、より確実に確認することができます。
    • 専用LED搭載ケースとの組合わせ時のみ
  • Linux用ステータス監視スクリプト付属
    • ステータスの監視、障害発生時のメール通知が可能です。
    • RedHat, CentOS, FreeBSD, SUSE等で動作確認済みです。
    • Vine, Debian等で監視スクリプトをご利用の場合は、オプションのシリアルキットの追加が必要です。
    • 監視スクリプトのソースコードを公開しています。
  • Windows用ステータス監視・メール通知ツール付属
    • 詳細画像1
    • 動作確認済みOS:Windows 7, Windows 8, Windows 2008 Server R2/2012, Hyper-V Server 2008/2012
  • SW RC-C600SA RAIDコントローラの性能、操作性等を体験していただくため、評価機をご用意しております。お気軽にお問い合わせください。
推奨オプション
SW RC-B300SA/C600SA用シリアルキット

SW U100SA/A300SA/B300SA/C600SA RAIDコントローラ専用。VMwareをご利用の場合、仮想マシン上で、監視スクリプトの利用が可能になります。

swSafe (240GB SSD/USB3.0)OSのバックアップとリストアを簡単な操作で行うことが出来るUSBデバイスです。OSと合わせてご購入いただいた場合、出荷時のOSの状態を保存して出荷します。

  • 推奨オプションは見積り依頼カート内でシステムに追加することが出来ます。